CONTENTS

CDを焼いて音楽を聴くには種類を選びましょう

CDを焼いて音楽を聴くという人もまだまだいると思いますが、その焼くCDにも種類があるのをご存知でしょうか。片方は一般に広く知られている普通のタイプ、こちらに関しては特に問題は無いのですが、もう一つがデータCDと言われているタイプのもので、こちらは注意が必要です。このデータCDと一般的な物の違いですが、一般的な物はカーステレオ、コンポ、オーディオプレイヤーなどで問題なく再生されますし、パソコンでも再生することができますが、データCDに関してはパソコンでしか再生できません。なのでよほど限定した使い方をしない場合は、データCDは選ばないほうが懸命です。また音楽ファイルにも複数ありますが、データCDで焼いた場合、パソコンで再生するには音楽ファイルの形式が再生できるソフトがパソコン内にあることが条件になります。

今主流なのはWAVE形式かMP3形式になりますが、データCDにWAVE形式で焼いた場合、パソコン内にWAVE形式の音楽が再生できるソフトが入っていないと使えません。大体どのパソコンにもこの形式が再生できるソフトは最初から入っているので、特に問題はないと思います。他にも違いとして、一般的な物にはすでに著作権料金が上乗せしてあるので、お店でみかけるとちょっと高いと感じるかもしれませんが、安いデータCDよりも音質はよくなります。これは音楽を聴くためのCDとして作られているか、そうじゃないかの違いによって生まれるものです。他にも焼くときのかかる時間などでも音質は変動します。どちらが自分にあっているか、じっくり選んで購入してみて下さいね。

おすすめ情報

  • 事業資金のお悩みをビジネクストが解決してくれます。