CONTENTS

CDで音楽を聞くのはもう古い?

最近は、音楽を聴く際に手軽にサイトからダウンロードし、MP3プレイヤーなどの携帯器で聞くことが多いらしいですね。詳しいことはわからないのですが、CDを自宅のコンポで聞く時代は終わったのでしょうか?昔は、音楽店で目当てのCDを見つけて、ワクワクしながら帰宅し、再生ボタンを押したものです。今は、いつでもどこでもダウンロードできて、その場できけちゃう。なーんか、レコード世代のオヤジみたいな言い回しになってしました(笑今の時代が悪いとなんて決して思いません。ただ、まだまだいけるCDの良さをお伝えできたらいいなーと思います。

まず一つ目、CDのよいところ。これはレコードの時代と変わっていませんが、パッケージにアーティスト独特の個性が出たりするんですよ。お気に入りのアーティス自身が手がけたものだったり、アーティストの芸能界の友人がイラスト書いたり。これって、形あるものにしかできませんから、CDの良さですよねー。あとは、単純なんですけど、歌詞カードみながら音楽きけるところですね(笑まあ、そんなものはダウンロードの着うたでも可能かもしれませんが、やっぱり歌詞カードにも個性がでるというか、小さめのポスターの裏が歌詞カードだったり、改めて文字を追って音楽を聞くことで、アーティストが伝えたいことが、少し深くわかるような気がしたり。

以上がCDの良いところ何ですが、うまく伝わったでしょうか。。もっともっと、個人的にマニアックな部分では、たくさんあるんですが、逆効果になりそうなので、今回はこの辺で失礼します(笑みなさんも大好きなアーティストの音楽だけは、CDを是非購入してみてください!