CONTENTS
大好きな音楽はCDで保有しよう

音楽好きな人の間ではCDの支持率が高い

音響や音質にこだわる人たちの間では、レコードとCDのどちらの音が良いかを熱く語ることがあるそうです。どちらにも軍配が上がります。質感はレコードの方が良さそうです。でも重低音を大きくすることができて細かくて聞き逃してしまう音でもCDでは聞きやすいそうですし。どちらも負けてませんね。好きな音楽を聞けるなら、何を使っても大丈夫などと言ってる私にはついていけないこだわりがありますね。

ただ、レコードは針で傷をつけてしまうこともありますし、ホコリがこすれて溝がゆがむこともあります。お手入れが大変になります。今ではレコードプレーヤーの本体そのものが手に入りにくくなってます。いろんな点を考えるとCDのほうが耐久性があり、保管が楽なので支持率が高くなります。パソコンでダウンロードした音楽よりもずっと音響が良いので、アーティストさんたちが新曲を発表する際には、ダウンロードよりも購入して聞いてもらいたいと言うこともあります。ダウンロードでは細やかな音が綺麗に伝わらないようです。主旋律、副旋律も質が落ちてしまうらしいですね。私はダウンロードをすると歌詞を他で探さないといけなくなるため、それが面倒であまりダウンロードをしませんが音質にも影響があることを最近知りました。

細かくこだわりすぎるわけではありませんが、できるだけ良い音を良い状態で聞きたいです。レコードも昔は聞いてましたが今は古い曲のものしか販売されてませんし、ほとんどが絶版です。保管も下手なのでここ何年もレコードは手に入れてません。古いものばかりです。ダウンロードでは音質が落ちるのでしたら、やはりCDで聞くのが一番合ってるかもしれません。傷がついても研磨してくれる業者もいるので、安心して保管できますし。布で拭くとホコリも一緒にこすってしまうことにもなるので自分ではあまりお手入れしてませんので、子供がべたべた触って手垢がたくさんついてますがそれでも綺麗に聞こえます。こんな感じで楽に使えることもあって支持率が高いのだと思います。

おすすめ情報